食生活の変化で潰瘍性大腸炎が増えてる

  • 2012/08/31(金) 15:48:36

母がやっと胃腸の調子が落ち着いてきたと言っていたのに、また症状が重くなり始めました。母の患っている病というのが、潰瘍性大腸炎とされるものです。これは本当に面倒なもので、最近日本で増えてきた病気で、もともと欧米で多く見られていた病でした。

しかし日本の生活の欧米化が進んだ結果か、日本でも増えてきたようです。決して欧米化が原因であると言いきれないこの病気。じつは原因が不明なのです。だから母は治療といっても症状を抑える薬品を投与するぐらいしかできていません。

もちろん原因不明なのにどんどん薬物を投与したりされても困るのですが。最悪の場合手術もありえるらしいです。私の過程では母の腸に負担をかけないようにと食生活にもかなりの気を使っています。

消化しやすいものや、繊維の荒くはないものを選んで作っています。腸の表面を傷つける可能性のあるものは極力使わないようにしています。しかし食生活だけの改善では、症状の悪化を抑えるぐらいしかできません。

潰瘍性大腸炎 治療
潰瘍性大腸炎との闘い